エステサロンイメージ1

クマについての知識その2〜青クマ〜

皆様こんばんは🌃

 

以前、クマについての知識その1〜茶クマ〜

という記事を掲載させていただきました。

 

今回は、最もお悩みが多いであろう

【青クマ】についてお話します🐻

 

 

目の下が茶色いだけでなく、青く血管が浮いて見えるのがいわゆる青クマです。

 

原因は、目を休める時間が少ない故の、眼精疲労…血液のめぐりが悪くなり、血行不良となります。

 

人間は、活動時間が長いと、血液循環が悪くなります。特に、横になる時間というのは、脚元に流れた血液をポンプである心臓に戻す役割も担っているので、ただ目を瞑るだけでは補えない休息ができます。

 

青クマにお悩みの方は、日頃のお仕事などで同じ姿勢でいる方が多く、血行不良や、リンパの流れが滞ったり、先程申し上げた眼精疲労など様々な【休息不足】が重なり、頭痛、肩こり、疲れ目など、様々な身体の不調を引き起こします。

 

対策

 

①アントシアニンの摂取

 

カシスがその代表格です。アントシアニンは、血行を良くする成分。疲れ目に効くサプリなども良いでしょう。

 

②マッサージ

 

お顔まわりのリンパマッサージ

人差し指〜薬指の腹で、クマの出ている部分を

 

・ドライマッサージ…ピアノを弾くように優しくタッチする

 

・クリームなど使用する場合…細かく円を描きながら横へスライドし、目尻から指の幅たて2本分外側の凹みを押す

 

↓輪郭をつたい移動

 

耳たぶの付け根の凹みを軽く押す

 

↓首筋をつたい移動

 

鎖骨の内側の凹みを押す

 

*5回繰り返す

 

決して擦ったり、強く叩いたりしないように!

目のたるみやくすみ、色素沈着の原因となります🙅‍♀️

 

③身体を温める

 

目元だけでなく、身体を内側から温めましょう。

温活について(タイトルタッチで以前の記事に飛びます💻)

 

 

あとは、少しでも目を休める事です😌✨

 

長時間のモニターの見過ぎ

睡眠不足

本の読みすぎ

 

なども眼精疲労から青クマを作ってしまう原因です。

 

最近は、女性だけでなく

男性向けのコンシーラーもリリースされているそうなので

 

ご興味おありの方は試してみても良いかもしれませんね👍

 

次回は 【黒クマ】についてお送ります🐻

入浴剤『BARTH(バース)』とは(その1)

皆さんこんにちは😊
今日も暑いですね、、😣💦
SENAです✨
 
 
さて、最近暑い日が続いていますが皆さんは、『BARTH(バース)』という入浴剤をご存知ですか??
夏は暑くてお湯に浸るのは無理!という方。
私も今までの夏はシャワーで済ませる事がほとんどでした😣
ですが、私はこの入浴剤に出会ってお風呂が楽しみになりました☺️❣️
 
 
 
 
この『BARTH(バース)』という入浴剤は、入浴の質を変える、「まるで『美容液』のような入浴剤」と謳われている、中性重炭酸入浴剤だそうです!
そもそも、中性重炭酸って何だ?…という話ですよね。
 
 
調べてみると、世界には「中性炭酸泉」という 、地下1000mで噴出した炭酸ガスが中性のお湯に溶けて出来る希少な天然炭酸泉がいくつかあるそう。
そして、『BARTH(バース)』はそれを独自の技術で再現。
通常の炭酸系入浴剤だと、重炭酸イオンが2割〜3割しか溶け込まないのに対し、『BARTH(バース)』は8〜9割も溶け込むんだそうです。
つまり、世界でも希少な中性炭酸泉をおうちで手軽に楽しめちゃうという、スパ好きにはたまらない入浴剤みたいですよ😊
 
 
『BARTH(バース)』の効果とは?    
 
『BARTH(バース)』には、水道水に含まれる塩素を中和するための「ビタミンC(クエン酸)」や、お肌の古い角質を浮き上がらせる「重曹」なども入っているので、下記のような効果が期待できるそうです!
 また、塩素を中和してくれるので敏感肌やアトピー肌にもやさしいみたいですよ!
 
その他の主な効果はこちら💁‍♀️
* 疲労回復
* 肩こり・腰痛
* 冷え症
* 神経痛・リウマチ
* うちみ・くじき
* あせも・しもやけ
* 肌荒れ・ひび・あかぎれ
* ニキビ・湿疹
 
身体の疲れも取れるし、お肌はツルツルになるし、さすがは高級入浴剤ですね…!
 
 
まだまだ伝えたい事がたくさんあるので
また次の記事で書きますね!
 
 

肩こりについて

こんばんは!
セラピストHARUMA です。
今回は肩こりについて書いていきます。

 

 

皆さんの中に肩こりに悩まれてる方も多いと思います。
1日中のデスクワーク、長時間の運転で、肩こりを感じたという経験はありませんか?
そんな時、筋肉の中では酸素が不足し、乳酸等が作られています。
すると筋肉は硬くなり、コリやだるさを感じるのです。
つまり、同じ姿勢を続けたり、特定の筋肉ばかり使い続けることが、コリの原因の1つです。

疲れて硬くなった筋肉が近くを通る血管を圧迫し、血行を悪くしてしまいます。
すると筋肉の中に発生した乳酸等が流れていかず、筋肉内にたまってしまいます。 また、筋肉にとどく酸素の量も減り、さらに乳酸が作られ、筋肉が硬くなります。そうすると、ますますコリを感じるようになります。

肩こりを解消するためにも適度に筋肉を柔らかくすることがとても大切です!
W relaxation space でも肩こりのお客様のお悩みを一緒に解消できれば嬉しく思います!
また普段から運動やストレッチ、入浴を心掛けることでさらに肩こりを和らげてくれますよ!