エステサロンイメージ1

クマについての知識その2〜青クマ〜

皆様こんばんは🌃

 

以前、クマについての知識その1〜茶クマ〜

という記事を掲載させていただきました。

 

今回は、最もお悩みが多いであろう

【青クマ】についてお話します🐻

 

 

目の下が茶色いだけでなく、青く血管が浮いて見えるのがいわゆる青クマです。

 

原因は、目を休める時間が少ない故の、眼精疲労…血液のめぐりが悪くなり、血行不良となります。

 

人間は、活動時間が長いと、血液循環が悪くなります。特に、横になる時間というのは、脚元に流れた血液をポンプである心臓に戻す役割も担っているので、ただ目を瞑るだけでは補えない休息ができます。

 

青クマにお悩みの方は、日頃のお仕事などで同じ姿勢でいる方が多く、血行不良や、リンパの流れが滞ったり、先程申し上げた眼精疲労など様々な【休息不足】が重なり、頭痛、肩こり、疲れ目など、様々な身体の不調を引き起こします。

 

対策

 

①アントシアニンの摂取

 

カシスがその代表格です。アントシアニンは、血行を良くする成分。疲れ目に効くサプリなども良いでしょう。

 

②マッサージ

 

お顔まわりのリンパマッサージ

人差し指〜薬指の腹で、クマの出ている部分を

 

・ドライマッサージ…ピアノを弾くように優しくタッチする

 

・クリームなど使用する場合…細かく円を描きながら横へスライドし、目尻から指の幅たて2本分外側の凹みを押す

 

↓輪郭をつたい移動

 

耳たぶの付け根の凹みを軽く押す

 

↓首筋をつたい移動

 

鎖骨の内側の凹みを押す

 

*5回繰り返す

 

決して擦ったり、強く叩いたりしないように!

目のたるみやくすみ、色素沈着の原因となります🙅‍♀️

 

③身体を温める

 

目元だけでなく、身体を内側から温めましょう。

温活について(タイトルタッチで以前の記事に飛びます💻)

 

 

あとは、少しでも目を休める事です😌✨

 

長時間のモニターの見過ぎ

睡眠不足

本の読みすぎ

 

なども眼精疲労から青クマを作ってしまう原因です。

 

最近は、女性だけでなく

男性向けのコンシーラーもリリースされているそうなので

 

ご興味おありの方は試してみても良いかもしれませんね👍

 

次回は 【黒クマ】についてお送ります🐻

クマについての知識その1〜茶クマ〜

こんばんは🌃オーナーセラピストのMANAMIです。

 

最近

『クマに悩んでるんだよね😓』というお声をいくつか頂戴しましたので

知識と対策をいくつかご紹介しようと思います👀

 

 

クマの種類①茶クマ🐻

 

そもそも【クマ】とは…

歌舞伎のメイクでもある隈取(くま)が由来だそう。

赤く目の周りを囲っているお化粧を目にした事があると思います。

 

茶クマについて🐻

 

茶クマの主な原因は、紫外線によるメラニン色素の沈着です。

また、皮膚を必要以上に擦ってしまう事が多い方へも、肌のたるみや乾燥からくる皮膚の老化で、この茶クマが出やすい原因となっています。

特に、アレルギー体質で目を擦りがちな方、

メイクオフの際に目元を擦って落としている方は注意が必要です。

 

対策

まずは、しっかり目元の保湿をする事です。

化粧水とは別に、乳液や美容液などをコットンに含ませてクマが出ているところへ5分ほど乗せてみたりなど

これからの時期、週1回でも念入りにケアを行いましょう。

 

ホワイトニングやターンオーバー(肌の細胞再生)を促す成分

 

・プラセンタ(再生機能増加)

・セラミド(皮膚を滑らかにする)

 

配合の化粧品の利用などが効果的です。

 

身体の内側からは

ビタミンA(皮膚の乾燥を抑える)の摂取を心掛けましょう。

🥕主な食材🥬

鶏・豚レバー/あんこうの肝/ウナギ/卵黄/人参/小松菜/にら/ほうれん草…etc

 

もちろん

生活習慣の見直しなどは言うまでもないのですが

 

オンラインの生活がメインになっている方も多いかと思われます

 

画面の見過ぎは眼精疲労や疲れ目の原因になります。

脳や目元を休めるお時間

 

をなるべく作ってください。

 

次回は、血行不良などが原因の【青クマ】についてお話します🐻