エステサロンイメージ1

おうちで出来る簡単ストレッチ〜巻き肩編〜

緊急事態宣言発令中につき

『行きたくても、中々マッサージに行けない😭』

『自宅で出来る簡単なケア方法はないの?』

 

そんなご意見にお応えしようと

 

前回の緊急事態宣言時同様

ご自宅でも簡単にトライできるストレッチをご紹介致します✨

 

今回は【巻き肩】編です💪

 

そもそも【巻き肩】とは?

ご職業柄、またスマホなどを操作している時間が長いなどが原因で

肩が頭の縦位置より前方に出ている状態をいいます。

 

通称:スマホ肩

とも言われていますが、同時に“スマホ首“と言われている【ストレートネック】になっている可能性があります。

こちらの対処法は、また後日🙏

 

【巻き肩セルフチェック】

①“前へ習え“をします→そのまま両方の手のひらを組みます→その腕を、手のひらを組んだまま頭上へ挙げます

腕が耳の後ろまで持ち上がればOK🙆‍♀️

耳より前だと巻き肩の可能性があります。

 

②布団などに仰向けで寝ます🛌

手のひらを天井に向ける事ができればOK🙆‍♀️

横を向いてしまったり、無理矢理向ける必要がある、またその際に痛みを発する場合は巻き肩の可能性があります。

 

【ストレッチ方法】

①壁が右側にある状態で、壁に向かって垂直に右腕を伸ばし、手のひらを軽く壁に付きます。脚は肩幅くらいに開き、楽にしておきます。→そのまま上半身ごと左側を向きます→深呼吸しながら15秒キープ❗️×3セット

この時、手のひら全面が壁に付いている状態ではなく、小指の腹が壁に付いている状態でOKです🙆‍♀️

腕のストレッチではないので、肘は曲げていただいて大丈夫👌

後ろを向いて、左側でも行いましょう。

 

 

②顔は正面に向け、正座、もしくは両脚を肩幅くらいに開き、楽にしておきます。両こぶしを軽く握り胸の前へ、脇を軽く締めます。→その姿勢のまま、両肩を背中の後ろに集めるように寄せます。

深呼吸しながら15秒キープ×3セット❗️

 

肩の力を抜いて、楽な気持ちでやってみましょう☺️

 

③布団の上など、平らな場所に、両脚を伸ばして座ります。肩の力を抜き、背筋を伸ばし、腕は楽にした状態で、手はお尻の横に置きます。→左脚の膝を曲げ、右膝の外側に置きます。

指先が外側を向くように、お尻の真後ろに右手を付きます。→その姿勢のまま、右側経由で顔だけ真後ろを向きます。

深呼吸しながら15秒キープ×3セット❗️

 

逆側も同じように行いましょう👌

 

ハードな運動は避けたいお風呂上がりや就寝前、時間に余裕のある、休日の起床後でも良いと思います。

 

やらないよりずっとマシになるお気楽ストレッチですが、結構効果がある、かも🤭💓

 

ぜひ試してみてくださいね😘

クマについての知識その3〜黒クマ〜

過去2回のブログで

 

🐻茶クマ

 

🐻青クマ

 

についてのお話をしてきました。

 

今回は、黒クマについてお話します。

 

 

簡単に申し上げますと、黒クマはズバリ

お肌のたるみ(特に目の周りの筋力不足)が原因です。

 

目の下に影が出来る、という認識で良いと思います。

 

加齢により出やすい黒クマですが

 

表情筋を鍛えたり

しっかりと力を込めての瞼の開け閉めを心掛ければ

解消されたりもします。

 

日頃のケアも大切ですが

 

良く笑い、人と会って表情を変える生活を心掛けてください😊✨

 

ちなみに…

 

加齢が原因でなくとも

毎日スマホを下を向いて眺めていたり

本の読みすぎなど

下を向いた姿勢でいる事が多いのも

黒クマを作る原因になっています。

 

さて、当店で行なっているフェイシャルエステは

 

加齢によるシワ、たるみ

日頃のリンパドレナージュ(むくみケア)

 

などに効果的です💆‍♀️

 

男性のお客様も大歓迎💆‍♂️

 

自分では面倒で手の届かないお手入れに

特別な日に

ぜひご利用くださいませ💁‍♀️